妊婦歯科検診はママが安心して出産を迎えるためにとても重要な妊婦健診のひとつです

妊娠して母子手帳を手にしたときのママの感動は何事にも代えがたい喜びです。母子手帳には、妊婦ママをサポートする内容が盛りだくさん!その中に「歯科検診」のページもあります。健康な赤ちゃんの出産はもちろん、ママ自身の健康にもつながるので、ぜひ歯科検診を受けていただきたいと思います。

なぜ妊娠中に歯科検診することが推奨されているのでしょうか?

 

妊娠すると、ママの心と身体にはいくつもの大きな変化が起こります。 ホルモンバランスの変化や身体つきの変化に戸惑い、妊娠初期には悪阻も重なりお口のケアもままならなくなることも…。不安やストレスを感じやすくなり、その変化はお口の中の環境も例外ではありません。

妊娠による変化はさまざまな病気の要因にもつながります

妊娠前から虫歯や歯周病があった場合、症状が悪化してしまったり、妊娠によって起こるお口のトラブルから、全身に悪影響として現れてしまうこともあります。

健康な赤ちゃんを無事に出産するために…

ママが健康なお口で出産を迎えることは、ママ自身を守るためだけではなく、産まれてくる赤ちゃんが健康に成長するためにも影響します。ママのお口の健康は、赤ちゃんにとってもとてもハッピーなことです。妊娠中に歯科検診を受けることでお口の環境を整えたり、出産前に治療を済ませておくことは、赤ちゃんをお迎えする準備のひとつといえるでしょう。

妊婦歯科検診を受けないまま出産したというママは意外と多い?!

妊婦歯科検診の方法は、自治体によって異なります。最近では妊婦健診の際に集団でおこなうことも少なくなり、母子手帳に付属している医療券等を利用して妊婦自身が指定歯科医院で受けるという方式が多いようです。

歯科検診まで気が回らない

妊娠中は体調の変化やこれまでの日常生活との変化も多く、妊婦健診は赤ちゃん自身の健康チェックでもあるため欠かさない方が多いでしょうが、歯科検診となると後回しにされがちなようです。しかし、先にお話ししたように、口内環境の悪化が妊娠中のトラブルにつながることもあるため、是非受けていただきたい検診です。

妊娠と口内環境が関係するトラブルとは?

妊娠による悪阻やホルモン分泌の変化で、非妊娠時よりも歯肉炎になりやすくなります。妊娠性歯肉炎は早産の要因にもなるため、低体重児での出産になってしまう可能性もあります。

出産後は歯科医院に通いづらい

産後しばらくは子育てに追われ、自身が歯科に通院することが難しくなります。口内環境が悪いまま出産すると、産後に虫歯や歯周病が悪化してしまったり、赤ちゃんに虫歯や歯周病菌を移してしまうことにもなりかねません。

出産前に一度は歯科検診を!

体調がすぐれないのに無理に行く必要はありません。妊娠週数や体調の良いタイミングで、ぜひ一度は歯科受診をおすすめします。

418 編集部

監修:418 編集部

専門家によるお口の子育て情報配信、コラムやQ&Aで“健口”知識をわかりやすくお伝えします!

418プロジェクトは、健康と笑顔あふれる社会を目指し、虫歯予防・健康・発育・食育を楽しく学ぶプロジェクトです。一緒に虫歯ゼロ活動に取り組みましょう☆