お口の健康コラム

簡単に作れて地球にやさしい!「新聞紙食器」

まとめ

こんにちは!アトリエミクチ山口です。

手先を動かし製作することは、「どうなるんだろう?」「こうしてみようかな?」など、想像力と発想力を養い、心を育てます。おうちでできるアートワークをご提案していきたいと思います!

 

前回に引き続き、新聞紙があればお子さんでも簡単に作れるアートワークをご紹介します。今回は、簡単に作れて地球にやさしい「新聞紙食器(深皿)」です!材料は、新聞紙とビニールのみ

ビニール袋を最後にかければ、何回でも再利用できます。材料はどちらも薄くて軽いので、防災バックなどに入れておくといざという時に役立ちます。

折り紙感覚でスイスイ折れるのでお子さんと一緒に挑戦して、ご家族みなさんで防災意識を高めましょう!ぜひ作ってみて下さい!

 

【新聞紙食器(深皿)】の作り方

①~④ 新聞紙を三角形に折ろう!

①~④ 新聞紙を三角形に折ろう!新聞紙を用意したら、まず①のように新聞紙を半分に折ります。次に、②のように新聞紙の左端から三角形になるように折り込みます。

そして先ほど折った三角形の部分を広げて、③のように三角形の折り目の右端のところを目安に、右側から新聞紙を左側に向かって折ります。

折れたら、④のように最初に三角形に折り込んだ折り目でもう一度折り込み、三角形を作ります。

⑤~⑧ 三角形の新聞紙をコップ状に折る

⑤~⑧ 三角形の新聞紙をコップ状に折る三角形になった新聞紙の三角の尖った部分を上向きに置いて、⑤⑥のように左右の端を合わさるように折ります。

折れたら、⑦⑧のように三角形尖った部分を表・裏側それぞれ、手前に向けて折り込みます。

⑨ コップの間口の形を整える

⑨ コップの間口の形を整える三角部分の折り込みが終わったら、今度は新聞紙食器の間口部分になる上の部分を広げて、形を整えていきましょう。

⑩ 最後に新聞紙コップにビニールをかけよう!

⑩ 最後に新聞紙コップにビニールをかけよう!最後にビニールをかければ、「新聞紙食器(深皿)」の完成です!

 

まとめ

まとめいかがでしたか?

防災リュックに新聞紙食器1つ入れておけば、これだけで食事が一気にしやすくなります。写真のような牛乳パックのスプーンもあわせて入れておくと、さらに便利ですよ。

新聞紙食器は家族で食事を小分けにできたり、離乳食等の小さなお子さん用の食事を作ったりと、災害時にとても役立ちます。

災害時は、必要な物資がすぐに揃うとは限りません。ビニールさえかえれば、新聞紙の食器を水で洗う必要もなく何度も使えてエコでもあり、衛生面でも清潔に保てるメリットもあります。

「新聞紙食器」を作ることで家族で防災を意識するきっかけになりますし、新聞紙とビニールで簡単に作れますので、ぜひご家族みなさんで作っててみて下さい!

ABOUT ME
アトリエ ミクチ
美術大学デザイン科卒業の同級生アートユニット。 デザイナー・アーティスト活動と並行して、子育てアートサークルを主催。東京、神奈川、千葉で造形クラスを定期的に開催中。