お子さんの正しい歯並びや口腔機能は、歯が生える前からの歯科検診が役立ちます!

歯科医院は「歯」を治すだけではありません!

歯科医院と言えば「歯」に関する病院ですから、まだ歯が生える前や妊娠中に胎児のお口のアドバイスを受けるなんて発想できないと思います。

近年では歯科業界でも、「虫歯を治す場所」というイメージから、「お口の環境を整え、病気の予防する場所」としていこうという変化を感じます。そしてその流れは「まだ歯が生えていない頃から」や「生まれる前にママの意識を高く持っていただく」ということにもつながってきています。

歯が生えていなくても「歯科検診」ができます

人間の顎は生後すぐから、母乳を飲む動きによって成長を始めます。歯が生えてから歯科に通院し始める方が多いと思いますが、実はまだ歯が生える前の顎の成長や、歯が生え始めたころに開始する離乳食の食べ方なども、今後の歯並びに大きく影響するのです。

歯科の「0歳児検診」が受けられる歯科医院があります!

最近では小児歯科を中心に、0歳児の定期検診をおこなう歯科医院が増えてきています。また、ママのお口の衛生管理を行うことで赤ちゃんのお口も健康につなげることができることから、マタニティ期のママに歯科保健指導をおこなうといった歯科医院も増えてきています。

お口の管理だけでなく、全身の健康管理ができます

歯がなくても、歯茎の状態や舌の使い方、舌小帯のチェックをし、その子の成長段階、月齢に合わせて、授乳の仕方、離乳食についてなど、お話をさせていただきます。必要な場合には身長や体重も参考にアドバイスを行う場合もあります。

離乳食のヒントにもなります

歯が生え始めると離乳食が始まります。つい「たくさんの栄養を摂らせたい」ということから「食べる」「食べない」で悩むことが多いと思います。しかし本来の離乳食は、自分の力で食べる意欲やお口の機能を育てることがもっとも大切です。歯科でお口の管理を受けることで、離乳食のススメ具合のヒントを得ることができるでしょう。

マタニティ・赤ちゃんも受診できる歯科を探してみましょう

マタニティ・赤ちゃんの検診をおこなっている歯科医院はまだまだ少ないのが現状です。

しかしながら徐々に増えている傾向もあります。 小児歯科はもちろん、一般歯科の妊産婦検診を受け入れている病院などでは、マタニティ期や無歯期に必要なことをアドバイスしてくれますので、ぜひお近くで調べてみてくださいね。

小さな時から歯医者さんに通うメリットはたくさんあります

幼いころから歯科検診を受けることの一つの目的として、小さな時から歯医者さんに慣れることのメリットがあります。なおかつ、保護者の皆様に向けて、取り組むとよい口腔機能のお話(よだれ・前歯噛み・おやつの摂り方など)をおこないますので、虫歯・歯並び・口腔機能を正しい成長に導くヒントが満載です。

お近くでも探してみてくださいね♪

お子さんが健康に育つために必要な「食べる」ということは、お口の機能が正しく育つことが必要です。マタニティ歯科や0歳児からの検診・離乳食教室などをおこなっている小児歯科は全国的に増えてきていますので、ぜひお近くでも探して有効活用してみてくださいね。

418 編集部

監修:418 編集部

専門家によるお口の子育て情報配信、コラムやQ&Aで“健口”知識をわかりやすくお伝えします!

418プロジェクトは、健康と笑顔あふれる社会を目指し、虫歯予防・健康・発育・食育を楽しく学ぶプロジェクトです。一緒に虫歯ゼロ活動に取り組みましょう☆