お口のQ&A

今使うべき歯ブラシを選ぶ方法

歯ブラシっていろいろな種類があるってほんと?

 

本当です。歯ブラシには形状や硬さなどに違いがあるんです!

オーラルケアのコーナーに行くと歯ブラシだけでも種類が豊富で、どれを買えばいいのか迷ってしまいますよね。

歯ブラシは使用目的によって形状や硬さなどさまざまです。 みなさんが通常歯磨きの際に使用する基本的な歯ブラシといえば、把持するハンドル部分の先に長方形にまとまった毛束が付いているものが大多数でしょう。一般的に縦に3列毛のものが主流です。その他に、もっと細かい部分を狙って、毛束が1列ないし2列のものもあります。

他にも細かい部分をピンポイントで磨くための「ワンタフトブラシ」や、歯と歯の間や歯の隙間が広い場合の側面を磨くための「歯間ブラシ」などがあります。

また、毛先の硬さも一律ではなく、JIS企画により、定められた硬さの数値によって「やわらかめ」「ふつう」「かため」という表示で販売されています。

毛先の形状もいくつかあります。各メーカーによって工夫がなされており、ラウンドカットのもの、先細のもの、先が球状のものなどがよくみられます。

硬さや毛先の形状は、個々の歯磨き圧や歯茎の炎症の有無などによって選ばれるとよいでしょう。色々と試してみて、自分の歯磨きに合ったものを選ぶことをおすすめします。

 

おすすめな歯ブラシの特徴は?

 

歯ブラシを選ぶ時は、形状やどのような目的で使いたいのかを考えながら選びましょう。

歯ブラシの毛は「やわらかめ」の表示のものをおすすめします。

乳歯の表面は永久歯と比べてエナメル質がもろく傷つきやすいということや、毛先で歯茎を傷つけないよう配慮するためにちょうどよい硬さを選ぶようにしましょう。

毛先は、「ラウンドカット」という形状で、全体的に毛束が水平なものがおすすめです。

平らな毛束は歯磨きの際にかかる圧力が均等になり、汚れが落としやすくなります。毛の長さは1㎝以下の短いものでコンパクトなもののほうが、お口の中で歯ブラシをコントロールしやすいです。

山切りカットや毛先が球状のものなど工夫が施されたものは、大人の特徴的な歯並びなどに歯効果的ですがお子さんの歯には不向きです。

毛束がある部分を「ヘッド」と呼び、この部分が歯を磨く部分に相当します。 ヘッドは前歯2本分程度の大きさがちょうどよいいわれており、口の中で小回りが利いて磨きやすいとされています。

また、握る部分を「ハンドル」といい、お子さんが持ちやすい太さでストレートのものをおすすめします。 基本的には四角い板状のもので子供の手で握ったときに口に入る部分の長さが奥歯まで届く15~16cmくらいが理想です。あまり長すぎると喉の奥まで入り込み事故につながる恐れがあります。

お子さんの歯ブラシを選ぶ際には、お口の変化が著しい時期ということを考慮して年齢別に大きさをきちんと選別してあげてくださいね。

年齢によって歯ブラシは使い分けるべき?

 

はい、使い分けをしましょう。特に幼児期から歯の交換期が終了するまでの成長期にはこまめにチェックが必要です。

子供は月齢が進むにつれて身体の成長と共に歯も次々と生えてきます。初めて歯が生えてくる生後6ヶ月頃と全ての乳歯列が揃う3歳頃とでは、歯の本数はもちろん、身体の成長具合もかなり異なります。また、乳歯が抜けて永久歯が生える交換期も一定期間歯並びが凸凹したり歯磨きしにくい場所も出てくるため、それぞれの月齢にあった歯ブラシの選択が必要になってきます。

まずは歯が生える前から、お口の中をガーゼを巻いた指などで触るスキンシップを始めます。歯が生えてきたら綿棒やガーゼで拭いたり、成長段階に合わせた赤ちゃん用のゴム状歯ブラシなどを当てて慣れさせることから始めます。

そして歯が増えるにしたがって徐々に歯ブラシにも慣れさせていきましょう。

歯ブラシの大きさも、お子さんの歯の大きさや本数に合わせてヘッドの大きさを選びます。 目安は上の前歯2本分程度の大きさのもので、ハンドル部分はお子さんが握りやすい太さで選んであげてくださいね。

お口の大きさや歯の本数は年齢と共に成長しますから、それに合わせて歯ブラシも使い分けて大きさを替えていきましょう。

保護者の方の判断はなかなか難しいでしょうから、定期検診の際に歯科医師や歯科衛生士から選んでもらい、歯磨き法を伝授してもらうのが一番おすすめです。

市販品よりも歯医者さんで販売しているハブラシのほうがいいの?

 

品質にはさほど大差はありません。双方のメリット・デメリットをふまえて、どちらで購入するか選びましょう。

市販品はどなたでも使いやすいような設計になっており、スーパーやドラッグストアなどで気軽に購入することができます。

ただし、選択の際には自己判断で選ぶことになり、使用方法も自己流になってしまいます。 歯科医院で専売されているものは、症状や年齢などに特化して種類も豊富ですし、歯科医師や歯科衛生士が症状に合った歯ブラシを選び使用方法を指導してくれるため、自分にピッタリの歯ブラシを購入することができます。

ただし市販されていないため、交換したいと思っても気軽に購入することが難しいというデメリットもあります。 基本的には、市販されている歯ブラシと歯科医院で売られている歯ブラシの品質にはさほど大差がないといわれています。

ドラッグストアやスーパーなどに行けば種類も豊富で市販品の方が手に取りやすいかもしれません。しかし歯科医院で歯ブラシを買うメリットとして、口の中の状態を直接診察した上で本人に合った歯ブラシを専門家が選んでくれることや使い方を指導してくれるということを考えると、歯科医院で購入することもおすすめです。

定期検診に行った際に数本購入しておき、検診の際に歯ブラシを見直していくというのもよいかもしれませんね。

ABOUT ME
418 編集部
418 編集部
専門家によるお口の子育て情報配信、コラムやQ&Aで“健口”知識をわかりやすくお伝えします! 418プロジェクトは、健康と笑顔あふれる社会を目指し、虫歯予防・健康・発育・食育を楽しく学ぶプロジェクトです。一緒に虫歯ゼロ活動に取り組みましょう☆