お口のQ&A

矯正をはじめたい!メリット・デメリット

歯の生え方がおかしいと思ったらすぐに矯正できますか?矯正を始めるタイミングを教えてください

矯正のタイミングは顎の成長具合や生え変わり、生活背景などで変わります

矯正治療を始める適正な時期は、個々の背景によって違います。特に成長期のお子さんであれば、不正咬合の状態(種類)や顎の成長がどれくらいの時期であるか、永久歯へどれくらい交換しているか。また、悪習癖は無いか、習い事や受験といった生活背景なども考慮が必要です。

歯科医院ではこれらを総合的に診断し、矯正治療を開始するのに最適なタイミングを提案していますので、まずはかかりつけの歯科医院や矯正専門医に始めるタイミングを相談しましょう。 お子さんの矯正(小児矯正)では治療を「第一期治療」と「第二期治療」に分けておこなうことがほとんど。まず前歯と6歳臼歯(第一大臼歯)が永久歯に交換した時期である「混合歯列期」に第一期矯正がおこなわれます。この時期の矯正は、噛み合わせや顎の形を整え、永久歯がスムーズに並ぶよう誘導することが主な目的です。

顎を広げる装置で土台となる歯列を整えたり、歯並びを悪くする習癖(舌のクセ)を修正するトレーニングをおこなったりすることもあります。目標の治療が終了したら、永久歯が生え揃うか定期観察をおこないながら第二期治療が必要かどうか時期を待ちます。その後全ての永久歯に生え変わり、歯並びを整える必要性がある場合は、第二期治療開始です。一般的に歯の表面にブラケットとワイヤーで固定する装置を付け、歯並びや噛み合わせを整えます。

歯並びが悪いところだけ部分的に矯正できないの?

基本的にあまり行われていませんが、できる場合もあります。

矯正治療は保険適応外で高額なこともあり、「歯並びが悪い部分だけ矯正できないの?」という患者さん側からの質問や要望がよくあります。では実際部分的に矯正ができるかというと、できる歯並びはごくわずか。そして小児矯正の場合がほとんどです。

小児(乳歯列~永久歯に交換し始めた混合歯列期)の時期の不正歯列を矯正し、永久歯への交換や歯並びをスムーズにするための矯正に関しては、この時期の矯正だけで終わることはほとんどありません。これは小児の成長期に応じた矯正のため、部分的・一時的に矯正し、成長を補助する矯正であるため、部分的におこなうこともあります。すでに永久歯列になっている時期には、お子さんとはいえ顎の成長も後期になり、部分的な矯正だけではフォローしきれない部分があります。

また、本来矯正は、歯を綺麗に並べるだけのものではなく、全体的に正しい噛み合わせにすることが目的です。たとえば前歯の一部分だけが重なっているのが気になり矯正したいという主訴であったとしても、奥歯をはじめ他の部分もしっかり噛みあうべき部分で噛み合っていないと他の部分に歪が生じる可能性があります。 審美歯科等、一部分を見た目中心に整えることをおこなっている歯科もありますので、見た目のみを重視されるのか、一生ご自身の歯を健康的に使うことを考え、全体的にバランスの良さも加味した矯正治療を受けられるのかを考えて治療法を選んでくださいね。

マウスピース矯正がしたいのですが、どんな歯並びでも可能ですか?

どんな歯並びでも可能というわけではありません

治療期間中目立たず、取り扱いが簡単なマウスピース矯正は、近年注目されている矯正法です。 とはいえ、すべての歯並びの改善に対応できるわけではありません。これには適応の難しい歯並びだけではなく、患者さん側の生活習慣や使用状況も大きく関係してきます。

まず、マウスピース矯正はマウスピースの圧力によって乱れた歯並びを正しい位置に誘導する装置であり、骨格的に問題がある場合や、歯の乱れが大きい場合はマウスピースの力だけでは並びきれないことがあります。特にお子さんの場合は治療中に顎の成長や永久歯への交換があるとマウスピースが合わなくなってしまうケースも考えられます。また、取り外しが可能な装置であることが裏目にでてしまい、外すことが多くなると計画通りに動かなかったり後戻りしてしまったりと、治療が長引く可能性もあります。また、歯ぎしりや噛みしめる習癖のある方はマウスピースの破損する原因となるため、夜間も付けたまま就寝する必要のあるこの方法は行うのが難しい場合もあります。

そもそも矯正治療は「歯を綺麗に並べる」だけの治療ではなく、「正しい噛み合わせ」にすることが目的であるため、矯正専門医の見解や精密検査の結果による診断などをしっかりおこなうことが必要です。

ワイヤー矯正とマウスピース矯正とどちらが良いですか?

そもそもこの2つの方法に「どちらが良い」という選択がありません

矯正の方法はそれぞれにメリット・デメリットがあり、患者さんの歯並びの状態や年齢、生活背景などに応じて適した矯正方法を歯科医が提案します。ワイヤー矯正が適正な場合もあれば、マウスピースが適正な場合もあるということなのです。

ワイヤー矯正はブラケットという装置を歯の表面に接着しワイヤーを通して、ワイヤーの戻ろうとする力で歯を動かす方法です。歯並びを全体的に少しずつ細かく整えることが可能で、さまざまな不正咬合に対応します。ブラケットも透明のものや裏側に装着できるものもあり、できるだけ目立たないようにおこなうこともできます。ただし透明ブラケットや裏側矯正は金属ブラケットよりも高額になります.。また、ブラケットは凸凹が多く清掃のしにくさやお口の中での違和感を感じやすく、清掃も難しくなるので虫歯や歯周病に気を付けなければなりません。

マウスピース矯正は透明な装置を歯列に装着し、マウスピースの圧力で歯並びを整える矯正法です。 透明の薄い素材でできた装置で、矯正中であることを気づかれにくいことが最大のメリット。お口の中でも違和感なく使用でき、食事や歯磨きもしやすいです。ただし取り外せるということは、自己管理する部分も多いため、お子さんの取り扱いには十分注意が必要になります。外している時間が多いと思うように歯が動かなかったり、マウスピースが合わなくなってしまったりすることもあるのです。

これらのメリット・デメリットも踏まえ、個々の歯並びに最適な方法の中で方法を選択できるようにしたいものですね。

ABOUT ME
418 編集部
418 編集部
専門家によるお口の子育て情報配信、コラムやQ&Aで“健口”知識をわかりやすくお伝えします! 418プロジェクトは、健康と笑顔あふれる社会を目指し、虫歯予防・健康・発育・食育を楽しく学ぶプロジェクトです。一緒に虫歯ゼロ活動に取り組みましょう☆