お口の健康コラム

定期検診で虫歯予防 歯磨き以外で虫歯を予防する方法を知ろう!

「毎日食後にしっかり歯磨きしているのに虫歯になってしまう…」というお子さんがいらっしゃいます。

そこで今回は、歯磨きにプラスしておこなうとよい方法を皆さんにご紹介したいと思います。

 

虫歯予防に最適 歯磨きと一緒におこなうことで効果アップ!

虫歯予防の方法といえば、「歯みがき」ですよね。しかし実際には、歯みがきで歯垢を落とせる割合は6割程度と言われているのです。ですから、毎日食後にしっかり歯みがきしていても虫歯を完全に防ぐことは難しいのです。

清掃補助具を併用しましょう

歯みがきでフォローしきれない部分はどのようにしてカバーすればよいのでしょうか?

歯みがき以外に虫歯予防としてお勧めできる歯の清掃方法としては、歯ブラシでの清掃にデンタルフロス(糸ようじ)や歯間ブラシなどの補助具による清掃を加えると、歯垢を落とす割合が8割以上にアップします。

 

プラークコントロールで虫歯予防!

「虫歯」は虫歯菌が糖質をエサにして酸や歯垢が長い時間歯にダメージを与えることによって歯の表面が溶かされた状態のこと。

このような虫歯が発生する条件が揃わないようにするための努力も虫歯予防につながると考えられています。

 

歯質強化や口内環境を整える方法

食事やおやつによる糖分・糖質の摂取制限はもちろんのこと、フッ素塗布やキシリトールの摂取で歯を強くしたり、唾液の分泌を促すことでお口の中を自然と洗い流す効果を生み出すことなどが虫歯予防に効果を高めてくれます。

 

歯科を定期的に受診しましょう!

自分でできる虫歯予防には限界があります。そこで、歯科医院の定期検診を受けることがおすすめです。

 

歯科でしかできない虫歯予防

歯科医院ではお口全体の状態を確認し、個々に合わせて正しい歯磨き法や虫歯予防を教えてくれます。また、唾液検査など虫歯になりやすいかどうかなど個人のタイプも確認できる医院もあります。

自身の虫歯になりやすさや歯磨きのクセなどが解れば、ホームケアの質も向上し、おのずと虫歯予防効果もアップします!

 

歯のメンテナンスを受ける

歯はとても複雑な形をしていて、しっかり歯みがきしても100%汚れを落とすことはできません。

歯科で定期的にメンテナンスしてもらうことで、自分で落とすことのできない汚れをクリーニングしてもらうことができます。

 

ホームケアとプロフェッショナルケアを効率よく取り入れましょう!


歯磨きは虫歯予防のために欠かせないものです。

だれもが生活習慣の中に取り入れている身近な虫歯予防法です。ただ、どんなにしっかり歯磨きを習慣づけている人でも、虫歯になるリスクは潜んでいます。

日常の歯磨きもおこないつつ、歯磨き以外にも虫歯予防効果を高める方法をおこなうことで、必ず効果はアップします!ぜひ歯科医院を有効活用してくださいね。

ABOUT ME
江頭 小百合(歯科衛生士)
3姉妹の母、歯科衛生士ライターとして活躍中。小児歯科の現場や母親としての経験を活かし、お口の悩みやギモン、歯の健康に大切な情報をみなさんに楽しく・解りやすくお伝えしてもらっています。「418PROJECT」、歯科衛生士スタディグループ「Hygeia(ヒュギエイア)」在籍。