お口のQ&A

歯ブラシの他にお口の清掃をするための用具を教えてください

デンタルフロス、歯間ブラシ、ワンタフトブラシ、インタースペースブラシなどがあります。

お口の中の汚れは、歯ブラシのみの清掃では、全体の約60%程度の清掃効果だといわれています。そこで、補助グッズを併用することにより、清掃効果がよりアップするのです。

 

デンタルフロスは歯と歯が接している部分(隣接面といいます)に糸を通すことで、歯ブラシの毛先が届かない接面の食べかすや歯垢を落とす道具です。 糸を必要な長さにカットして指に巻き付け、歯と歯の間に通して使用するのが基本ですが、ホルダーに装着して糸ノコギリのようにして使ったり、ホルダーに糸が備え付けられてある使い捨てのものなども販売されています。

 

歯間ブラシは歯と歯茎間の食べかすや志向を落とすための道具で、1本の針金に対して横に毛が付いた形状のブラシです。

どちらかといえば歯と歯の間に隙間がある部分に適していて、奥歯などの届きにくい部分にはブラシを曲げて使うことが出来るので操作性も良い補助具です。

 

また、ブラシのサイズも各種ありますので、状態に合わせて選択することができます。

 

ワンタフトブラシやインタースペースブラシは、歯と歯の間や歯周ポケット部をピンポイントに磨くブラシで、孤立した歯や凸凹のある部分に効果的です。 また、矯正治療中に招請装置周辺の清掃しにくい部分を磨くのにも用いられています。

ABOUT ME
418 編集部
専門家によるお口の子育て情報配信、コラムやQ&Aで“健口”知識をわかりやすくお伝えします! 418プロジェクトは、健康と笑顔あふれる社会を目指し、虫歯予防・健康・発育・食育を楽しく学ぶプロジェクトです。一緒に虫歯ゼロ活動に取り組みましょう☆