お口の健康コラム

虫歯治療は、術後しばらく沁みたり痛んだりすることがあります

歯を削って詰めて貰ってから、しばらく冷たいもの・温かいものを食べた時に沁みたり、ズキンと痛みを感じることがあります。

必ずしも大丈夫とはいえませんが、治療後にしばらくこのような症状がみられることはあるんです。

なぜ治療したのに、そんなことが起こるのでしょうか?

虫歯の治療はあくまでも「修理」なんです!

虫歯は「治る」のではなく、虫歯に侵されてしまった歯質を削って詰めものをする「修理」です。

ですから、自身の歯質が薄くなり歯髄(「しずい」はいわゆる神経といわれている部分です)に近づいた分、冷たいものや温かいものなどの刺激を感じやすくなって痛みとして感じやすくなってしまいます。

痛みの対処はしているのでしょうか?

虫歯治療では、虫歯を削った穴に外部からの刺激から神経を守るためのお薬を入れてから詰め物をします。しかしそのお薬が馴染むまでに時間を要すため、治療後数日痛むこともあります。 この場合は、1週間ほど様子をみている間に、薬の効果で徐々に沁みたり痛んだりすることは無くなってきます。

2次的な虫歯発生によって痛みが出ているかもしれません

神経ギリギリまで削って治療した部分が2次的に虫歯になってしまった場合、神経が侵されやすく、凍みたり痛みを伴い神経が死んでしまったということもあります。

最初から神経を取っていればよかったのでは?

せっかく治療をしたのに痛むのであれば、最初から神経を取ることはできなかったのかと疑問を持つ方もいます。確かに神経を抜けば痛みは感じなくなりますが、神経の無くなってしまった歯のほうがリスクは大きくなります。 神経を失った歯は神経がある歯に比べてもろくなりやすいため、残しておくことが難しくなって抜歯しなければならなくなることもあります。ですからできるだけ神経を抜かずに温存する治療を施します。

治療後の痛みは様子を見ながら対処を!

治療した歯が沁みる場合、数日は様子をみましょう。もちろん、痛みが増すような場合には我慢しないで歯科医院へ連絡してくださいね。 急ぐほどの痛みでない場合でも、1週間~10日経過しても改善が見られない場合は、次回治療時に歯科医院に相談しましょう。

ABOUT ME
418 編集部
専門家によるお口の子育て情報配信、コラムやQ&Aで“健口”知識をわかりやすくお伝えします! 418プロジェクトは、健康と笑顔あふれる社会を目指し、虫歯予防・健康・発育・食育を楽しく学ぶプロジェクトです。一緒に虫歯ゼロ活動に取り組みましょう☆