虫歯菌の種類はどのくらいあるの? 全ての菌が悪い菌なの?

主に虫歯の原因になる菌の種類は3つ。

お口の中にいる菌の全てが「悪い菌」ではないんです。

お口の中にはなんと、300~400種類の菌がいると言われています。ただ、その菌すべてが虫歯を作る「悪い菌」ではありません。

虫歯ができることに関わっている菌は主に「ストレプトコッカスミュータンス菌」、「ストレプトコッカスソブリヌス菌」、「ラクトバチラス菌」の3種類だと考えられています。

直接虫歯を作り出すことに関わる菌は「ミュータンス菌」や「ソブリヌス菌」です。

お口の中に食べ物が入ってくることで悪い影響となる活動を始めてしまいます。

この菌たちは糖分が大好物。その糖分をエサにして取り込む時に出す酸が歯が溶かしてしまうんですね。

歯みがきが不十分だと歯の表面に「歯垢」(菌の塊)となって長期間くっついたままになるため、歯垢の下に歯はだんだん溶かされてしまうのです。

そして「ラクトバチラス歯」は直接虫歯にする作用はありませんが、ミュータンス菌やソブリヌス菌が作り出した虫歯を進行させてしまう作用を持っています。

本来は炭水化物や乳酸菌飲料などにも含まれていて、体にとってとても大切な働きをしてくれる菌ですが、歯にとっては「虫歯の進行を早めてしまう菌」という点で「悪い働きを持った菌」となってしまうのです。

このように、お口の中にいる全ての菌が虫歯の原因になるわけではありませんが、いろんな条件が重なることで虫歯ができることに関わってしまう菌がいるということを知っておいてくださいね。

418 編集部

監修:418 編集部

専門家によるお口の子育て情報配信、コラムやQ&Aで“健口”知識をわかりやすくお伝えします!

418プロジェクトは、健康と笑顔あふれる社会を目指し、虫歯予防・健康・発育・食育を楽しく学ぶプロジェクトです。一緒に虫歯ゼロ活動に取り組みましょう☆