「上唇小帯」って何?切ったほうが良いと言われたけどどうして?

上唇内側にある筋で、短いとさまざまな悪影響につながる可能性がある場合に切除することがあります

「上唇小帯(じょうしんしょうたい)」とは、上の唇と歯茎をつないでいる筋(すじ)のことをいいます。

上の前歯の歯と歯の間に付いていて、この筋の長さが短い(又は太い)と1歳半健診で指摘されたといって歯科医院に来院されるお子さんが割合多くいらっしゃいます。2歳ころまでは上唇小帯が上の真ん中の歯の歯と歯の間にしっかり入り込んで歯がすいてしまっていることをはよくある事。顎の成長と共に上の方に引っ張られ、小帯も伸びていくことが多いようです。ただし、上の前歯が永久歯に生え変わって以降も、上唇小帯が歯と歯の間にしっかりと入り込んでいることで、歯と歯の間が閉じきれずにすきっ歯になってしまうような悪影響を及ぼす場合、「上唇小帯付着異常」といい、上唇小帯を切除して伸ばす治療を施す場合があります。

永久歯の歯並びに悪影響を及ぼしている場合に切除することが基本のため、乳歯の時に切除を提案された場合は、なぜ必要なのか説明を受け、十分理解した上で受けるかもしくは他院で必要性を再度セカンドオピニオンするのもよいでしょう。

418 編集部

監修:418 編集部

専門家によるお口の子育て情報配信、コラムやQ&Aで“健口”知識をわかりやすくお伝えします!

418プロジェクトは、健康と笑顔あふれる社会を目指し、虫歯予防・健康・発育・食育を楽しく学ぶプロジェクトです。一緒に虫歯ゼロ活動に取り組みましょう☆